オンライン研究室体験

建築学科生活環境デザインコース
オンライン研究室体験

 

他の参加者と一緒に研究室をのぞいてみませんか?
教員と学生が研究室の取り組みを紹介します。

対象 建築学科生活環境デザインコースに関心のある高校生・受験生
日時 9月12日(土) 14:00~15:20
内容 コースガイダンスとオンライン研究室体験
・オンライン研究室体験は、3つの研究室のうち1つを選んで参加いただきます。
・教員と学生による研究室の取り組み紹介など行います。

研究室体験プログラム

◆テーマA:普段の居場所が楽しくなることを考えてみよう
プログラム
建築やインテリアの設計は、「こうなると気持ちいいだろうなあ」とか、「こんな空間だと面白いことがおきるかも」といった想像力を働かせることから始まります。そして、そのような構想をかたちにして、みんなの共感が得られることは、とても楽しいことです。ここでは、大学の研究室で関わっている建物の設計を紹介しながら、皆さんと一緒に楽しい場所づくりについて考えてみたいと思います。
教員
足立 真 教授空間デザイン研究室

◆テーマB:「福祉」のために「建築」・「生活環境デザイン」ができることを語り合いましょう
プログラム
入学した学生さんから、「福祉と建築の両方を学べるのでこの大学を選びました」という声を聞くことがよくあります。社会を見ると、「福祉」と「建築」を結びつけて考えられる人は決して多くないと感じていますが、高校生の内にその大切さに気づいてくれていることに驚きます。「福祉」と「建築」を学んでみたいと考えている皆さんが日頃思うこと、将来の夢などを語りあってみませんか。
教員
野口 祐子 教授福祉住環境計画研究室

 

◆テーマC:〈生活環境を読み解く〉ということについて考えてみよう!
プログラム
当たり前で、変わり映えしないと思っている身のまわりの環境も、少しずつ手を加えていくことで、人が出会い、学び、支え合う、豊かな生活の場に変えていくことができます。その手はじめとして、〈生活環境を読み解く〉ということが大切です。〈生活環境を読み解く〉とはどのようなことで、どのような意味があるのでしょうか?この研究室体験を終えたあと、あなたの目に映る身のまわりの風景が少し変わっているかも知れません。
教員
勝木 祐仁 准教授福祉空間計画研究室

 

定員15名程度(先着順)

1つの研究室につき、定員5名程度

当日の流れ

・コースガイダンス(20分)

→その後、3つの研究室から1つを選択

・各研究室での研究室体験(40分)

研究室の取り組み紹介、質疑応答など

・全体のまとめ(10分)

お申し込みから開始まで

① 注意事項を確認し、予約フォームより申し込む

  ▼

② 予約完了メールを確認する。

  ▼

③ 無料アプリZoomを各自ダウンロードする。

  ▼

④ 指定時間に、予約完了メールで送られてきたURLにアクセスする。 

  ▼

⑤ オンライン研究室体験 スタート!

お申し込みはこちら

予約フォーム

お申し込み締切日 : 9月12日(土)12:00まで

個人情報の取り扱いについて
 

Zoomダウンロードはこちら

パソコンのブラウザ上で参加される場合はこちらよりインストール願います。

●iPhone用

●Android用


注意事項

  • Zoomを使用して行います。事前に各自でインストールしてください。
  • 参加者との会話を録画・録音等することはご遠慮ください。
  • 当人の同意を得ずに録画・録音したコンテンツを、他者が視聴できるようにアップロード等する行為は、法律で禁じられています。
  • インターネット通信環境、スマートフォンやタブレット、PCなどは各自ご準備ください。
  • 通信料は各自の負担となりますのであらかじめご了承ください。
     

お問合せ先

日本工業大学 教務部入試室
〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
TEL : 0120-250-267
E-mail: nyu-shi@nit.ac.jp