1. 受験生サイトHOME
  2. お金のこと
  3. 奨学金について

Scholarship

奨学金について

入学時の奨学金

お問合せ先:入試課 TEL 0120-250-267

特別奨学生

奨学金の額 98万円(7名)
49万円(14名)
給付期間 入学した時から1年間
給付方法 学費から減免します
前年度実績 46名

※対象となる入試種別
     ・特別選抜(単願)

※特に優秀な方(特待生)の特典

  • 1年目の授業料から98万円減免
  • 2年目から4年目は49万円減免
  • 自宅外通学者には1年目から4年目まで毎月4万円の生活補助費を支給
    自宅通学者には1年目から4年目まで毎月2万円の定期代補助費を支給

(各学年で学業成績による継続判定あり)
特待生として採用された方は、入学後の奨学金(ES奨学金、RS奨学金)についても、同時に獲得することが可能です。

指定校奨学金

奨学金の額 98万円
49万円
20万円
給付期間 入学した時から1年間
給付方法 授業料から減免します
前年度実績 41名

※対象となる入試種別
     ・学校推薦型選抜(指定校)


※選考方法
     ・入学後の数学・物理・英語の基礎学力判定テスト(プレースメントテスト)における成績優秀者に給付

※本学では学校推薦型選抜(指定校)の入試合格発表後から、入学前準備学修やスクーリング等を実施し、工学を学ぶために必要となる数学・物理・英語の基礎学力を向上を目指すことができます。



入試奨学金

奨学金の額 年額20万円
給付期間 入学した時から1年間
給付方法 授業料から減免します
前年度実績 573名

※対象となる入試種別

  • 特別選抜(単願)(併願)(教員志望)
  • 学校推薦型選抜(公募制)
  • 総合型選抜
  • 一般選抜
  • 共通テスト利用

入試の成績が優秀で、学業の進展が期待できる方に給付します。

奨学振興基金

奨学金の額 年額20~50万円
給付期間 入学した時から1年間
給付方法 学費から減免します
前年度実績 4名

※本学へ入学する方のうち、勉学意欲に富み、将来の学業伸展が期待できると判断された方を、この基金の奨学生として採用します。

秋山奨学金

奨学金の額 年額30万円~
給付期間 入学した時から1年間
給付方法 学費から減免します
前年度実績 0名

※機械工学科では、学科独自の「秋山奨学金」を用意しています。

日本工業大学工友会奨学金(予約型奨学金)

奨学金の額 年額50万円
給付期間 入学した時から1年間
給付方法 大学入学後、4月中に振込予定
前年度実績 2025年度入試より新設
申込方法 入試出願前に申請し、内定した方は、日本工業大学が実施する入試に合格し入学することで奨学生として採用します
申請期間:2024年9月2日(月)~9/10(火)消印有効

※同窓会組織である一般社団法人日本工業大学工友会が提供する、返済不要の給付型の給付型奨学金です。
※申請書類や選考方法などの詳細は工友会のホームページをご確認ください。

入学検定料免除制度

卒業生子女優遇制度 本学卒業生のご子女が本学を受験する場合は、入学検定料の一定額を助成します。(申請には期限があります。)
問合せ先:日本工業大学工友会 TEL:0480-33-7509
災害被災者に対する入学検定料の免除 2011年の東日本大震災や、全国で多発する災害で被災した受験生の方に対する「入学検定料の免除措置」の詳細は、こちらでご確認ください。

入学後の奨学金

お問合せ先:学生支援課 TEL 0480-33-7508

日本工業大学 学業奨励奨学金(給付)

在学中の学業成績および人物を評価し、さらに今後の学業の伸長を奨励することを目的に設けられた制度です。 2学年以上(本学に1年以上在籍)の学生が対象です。

ES(エクセレントスチューデント)奨学金

採用人数:全学で36名採用予定
給付金額:年額50万円

RS(リマーカブルスチューデント)奨学金

採用人数:全学で75名採用予定
給付金額:年額20万円

※日本工業大学 学業奨励奨学金は、ES(エクセレントスチューデント)奨学金、RS(リマーカブルスチューデント)奨学金とも、下記の条件のもとに給付されます。

給付期間:1年間
給付方法:半額ずつ、春学期および秋学期の授業料に充当します。
選考基準:各学科の選考基準にもとづき推薦された方が、ES(エクセレントスチューデント)、RS(リマーカブルスチューデント)に選ばれます。

日本工業大学 その他の奨学金(2023年度実績)

日本工業大学育英資金(貸与) 日本学生支援機構
給付奨学金(給付) 第一種奨学金(貸与) 第二種奨学金(貸与)
対象 1セメスター以上在籍し、勉学意欲があり、かつ、
学年相応の単位を取得し、卒業が見込めること。
当該学期の学費が納入期限までに納入することができないこと。
全学年 全学年 全学年
期間 在籍期間中に2回まで。ただし複数年度にわたって受けることはできない。 標準修業年限 標準修業年限 標準修業年限
金額/月額 学費の半額を上限とし、自己資金を差し引いた額。 給付金額は世帯の所得金額に基づき、第Ⅰ~Ⅲ区分及び自宅通学・自宅外通学の金額が決定 自宅通学: 20,000円~54,000円
自宅外通学 20,000円~64,000円
2万円~12万円 (1万円単位で選択できます。)
利子 無利子 無利子 無利子 上限3%
採用者 / 希望者 0名 / 0名 27名 / 49名 109名 / 133名
備考 他奨学金との併用不可 他奨学金との併用不可 他奨学金との併用不可

※「特別奨学生」等で本学独自の学費減免を受けている場合、国の支援額は減免後の授業料の満額、2/3、1/3となります。新入生の場合は、入学申込金(入学金)も満額(¥224,000)、2/3、1/3の減免を受けることができます。

その他、地方自治体や民間育英団体(あしなが育英金、朝日奨学金、毎日育英会、読売育英奨学金など)による奨学金制度があります。

教育ローンについて

奨学金のほか、国の教育ローン(日本政策金融公庫)や民間の金融機関で扱う教育ローンなどがあります。 本学では、(株)オリエントコーポレーションと提携した学費サポートプランがあります。

  1. 受験生サイトHOME
  2. お金のこと
  3. 奨学金について